| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
「ルルルン」が売れる理由






3月くらいからネイルまた始めた。

価格帯はやはり東京のほうが少しお高め?これで4,900〜5,900円くらい。直近の(写真下)は特に気に入っているのだが、気に入っているやつに限ってあまり誰も褒めてくれなかったりして残念。

収入が増えた分支出も多くなっている。もう少し貯蓄額をストイックにしたほうがよいかもしれない。

今日は会社の創立記念日だったので、3連休。昨日新宿に行ったほかは、家で寝たり起きたりして過ごした。明日からの4日間はまた相当忙しいことが予想される。今日サッカーだったらよかったのに。

料理、全体的にヘタになったように思う。弁当もなかなか作れなくなった。何をしても焦がしたり、色合いが美しくない。人が来るときだけ頑張っている。自分のためだけにいろいろするのは少し疲れる。
京都の実家も、今では両親のふたりだけしか暮らしておらず、ただ二人暮らしに適切な買い物の量について、母がいまだにペースがつかめていないようで、いつ訪れても冷蔵庫がおせち料理の頃のようにパンパン。母自身も「なんだか、毎日ままごとみたい」と言っていた。
ペットに対してまるで消極的だったのに、犬を飼いたいといっている話を妹から聞いて驚いて、それは本当か? と昨日電話でついでに聞いてみたら、そうそう犬、と言っていたが、孫でもいれば別に寂しくなんかないのよ、とか冗談交じりに言い出して、祖母はともかく母までもそんなことを言い出すのは覚えている限り初めてで少し腹が立つなど。
でも、こんな時間の感覚を忘れるような(それは、休みの日だけでなく、髪振り乱して働いている平日も同じこと)生活はよくない。良くも悪くも、家庭という制約があったほうがいい。
最近、「一日分30円で毎日続ける!」などの謳い文句で、30枚〜45枚分のパックが1,500円くらいで売られており、今度試してみようかと思っていたが、一人暮らしの女性が多いからああいうものが売れるのではないか。男の人と暮らしてたら毎日(15分くらいとはいえ)パック姿とか見せられないだろうと思う。それともあんな笑けてくるような顔をさらせるようにすらなるものなのだろうか。
23:15 - comments(0)
スポンサーサイト
23:15 - -
comment

message :