| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
源泉

全然更新してないのにアクセスログは微妙に回っているので不思議。

残業が70時間/月を上回って、それが2か月続くとしんどい。5月は多分60時間前後。高槻の頃には考えられなかった事態だ。

毎日、例えるならば、ひたすらオンラインでゴミの分別をするような仕事ばかりしているので、本当にアホになっている気がする。物事を筋道たてて考えられない。
源泉税の計算をするときにいつも鬱になる。
源泉税込みの金額が提示されているときはラク。

Ex. 源泉税込みの報酬が100,000円(弁護士事務所とかに多い)
100,000×0.1021=10,210

一方、手取り額だけが先に提示されているときは少し面倒くさくなる。
手取りが100,000円の時は、
100,000÷(1-0.1021)×0.1021=11,370

さらに面倒くさいのが、手取り額が提示されていてなおかつ消費税込みの場合
手取りが100,000円で、消費税を除いた額に対して源泉徴収をする(※消費税込金額に対して源泉徴収でもいいらしい。このへん国税庁のようわからんところ)ときは、
手取り+源泉税(※消費税抜)をxとおくと
100,000+0.1021x=1.05x

0.9479x=100,000
x=105,496
で、これに0.1021をかけてようやく
10,771円という源泉税額が出てくる。

そして、、プロ選手や弁護士に対する報酬で、1,000,000円を超えた部分については
源泉税率が20.42%になる。
これも、源泉税込の金額が提示されている場合はラクで
例えば源泉税込の金額が5,000,000円だと

102,100(=1,000,000×0.1021)+400,000×0.2042=918,900円

しかし、手取り額が5,000,000円と決まっている場合は本当にめんどくさい。
手取り+源泉税楽をxとおくと
x-5,000,000=102,100+(x-1,000,000)×0.2042
0.7958x=4,897,900
x=6,154,687
で、
源泉税額は1,154,687円となる(6,154,687-5,000,000)。

計算の煩雑さもさることながら、そもそもポンと500万貰おうと思ったら税金こんなに収めないといけないということに戦慄する。
そして、上記の計算は、あくまでも消費税抜きの話なので、
手取り5,000,000円で、消費税を抜いた額について源泉徴収しようとすると…

手取り+源泉税額をxとおくと
102,100+(x-1,000,000)×0.2042+5,000,000=1.05x
0.8457x=4,897,900
x=5,790,848
で、
源泉税額は1,080,391円となる。

頭がいい人だと、一番最初の方程式はすっとばして0.8457x=4,897,900からすぐ考え始められるのだろう。
時々自分は本当に二次試験に数学のあった大学を卒業しているのか不安になる。
00:23 - comments(0)
スポンサーサイト
00:23 - -
comment

message :