| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
「ルルルン」が売れる理由






3月くらいからネイルまた始めた。

価格帯はやはり東京のほうが少しお高め?これで4,900〜5,900円くらい。直近の(写真下)は特に気に入っているのだが、気に入っているやつに限ってあまり誰も褒めてくれなかったりして残念。

収入が増えた分支出も多くなっている。もう少し貯蓄額をストイックにしたほうがよいかもしれない。

今日は会社の創立記念日だったので、3連休。昨日新宿に行ったほかは、家で寝たり起きたりして過ごした。明日からの4日間はまた相当忙しいことが予想される。今日サッカーだったらよかったのに。

料理、全体的にヘタになったように思う。弁当もなかなか作れなくなった。何をしても焦がしたり、色合いが美しくない。人が来るときだけ頑張っている。自分のためだけにいろいろするのは少し疲れる。
京都の実家も、今では両親のふたりだけしか暮らしておらず、ただ二人暮らしに適切な買い物の量について、母がいまだにペースがつかめていないようで、いつ訪れても冷蔵庫がおせち料理の頃のようにパンパン。母自身も「なんだか、毎日ままごとみたい」と言っていた。
ペットに対してまるで消極的だったのに、犬を飼いたいといっている話を妹から聞いて驚いて、それは本当か? と昨日電話でついでに聞いてみたら、そうそう犬、と言っていたが、孫でもいれば別に寂しくなんかないのよ、とか冗談交じりに言い出して、祖母はともかく母までもそんなことを言い出すのは覚えている限り初めてで少し腹が立つなど。
でも、こんな時間の感覚を忘れるような(それは、休みの日だけでなく、髪振り乱して働いている平日も同じこと)生活はよくない。良くも悪くも、家庭という制約があったほうがいい。
最近、「一日分30円で毎日続ける!」などの謳い文句で、30枚〜45枚分のパックが1,500円くらいで売られており、今度試してみようかと思っていたが、一人暮らしの女性が多いからああいうものが売れるのではないか。男の人と暮らしてたら毎日(15分くらいとはいえ)パック姿とか見せられないだろうと思う。それともあんな笑けてくるような顔をさらせるようにすらなるものなのだろうか。
23:15 - comments(0)
写真など

過去の記事を読み返してみると、大学生の頃と考えていることはそう変わっていないが、学生の頃は文章の質がひどいと思う。一番再読に堪えうる(恥ずかしさではなくおもしろさをもって安心して読み返せる)のは2010年の秋頃からの一年間。その時以上の文章を目指してまた更新しようと思う。ボケ防止。

いろいろの写真を少し振り返る。



4月の初めに高槻の時の同期の女の子ばかりで浜松に旅行に行った。「全国的に嵐」「不用な外出は控えろ」などと、脅しのようなことばかりが天気予報で言われていた、4月の最初の週末のことで、風はとにかく強かったものの、新幹線はふつうに動いていたし、一名の傘が旅行冒頭で壊れるなどした以外は、何とか過ごせた。まだ薄手のコートは入用な時期で、なんかみんな似たような恰好しているなと思っていたが、旅館についてコートを並べたらそれがよくわかった。私のやつは左から2つめ。少しみんなと色の系統が違って、なんだか残念なくらい。




連休の前半に高尾山へ行った。天気の良い日だったので致し方ないといえばそうなのだが、東京は山も混むのかと呆れるほどの混み方だった。山の中腹にも土産物やだんご、まんじゅうなどを売る店があるので、京都でいうと大原と大文字山を足して2で割った感じ。山のハードさはやや大文字を上回るか。頂上からは天気が良ければ富士山や江の島が見えるらしいが、晴れていたけれど全体的にかすんでおり、どちらも見えたのか思い込みなのかよくわからなかった。いろいろのビルなどは見えるが、まだ東京の地理に熟知していないので、どれが何なのかいまいちピンとこず、大文字山の頂上でのような感動(平安神宮の鳥居が見える、とか、京都タワーも!とか)は正直得られなかった。
藤棚にしつらえたのではない、ワイルドな藤があちこちに咲いていてそれが良かった。

01:46 - comments(0)
源泉

全然更新してないのにアクセスログは微妙に回っているので不思議。

残業が70時間/月を上回って、それが2か月続くとしんどい。5月は多分60時間前後。高槻の頃には考えられなかった事態だ。

毎日、例えるならば、ひたすらオンラインでゴミの分別をするような仕事ばかりしているので、本当にアホになっている気がする。物事を筋道たてて考えられない。
源泉税の計算をするときにいつも鬱になる。
源泉税込みの金額が提示されているときはラク。

Ex. 源泉税込みの報酬が100,000円(弁護士事務所とかに多い)
100,000×0.1021=10,210

一方、手取り額だけが先に提示されているときは少し面倒くさくなる。
手取りが100,000円の時は、
100,000÷(1-0.1021)×0.1021=11,370

さらに面倒くさいのが、手取り額が提示されていてなおかつ消費税込みの場合
手取りが100,000円で、消費税を除いた額に対して源泉徴収をする(※消費税込金額に対して源泉徴収でもいいらしい。このへん国税庁のようわからんところ)ときは、
手取り+源泉税(※消費税抜)をxとおくと
100,000+0.1021x=1.05x

0.9479x=100,000
x=105,496
で、これに0.1021をかけてようやく
10,771円という源泉税額が出てくる。

そして、、プロ選手や弁護士に対する報酬で、1,000,000円を超えた部分については
源泉税率が20.42%になる。
これも、源泉税込の金額が提示されている場合はラクで
例えば源泉税込の金額が5,000,000円だと

102,100(=1,000,000×0.1021)+400,000×0.2042=918,900円

しかし、手取り額が5,000,000円と決まっている場合は本当にめんどくさい。
手取り+源泉税楽をxとおくと
x-5,000,000=102,100+(x-1,000,000)×0.2042
0.7958x=4,897,900
x=6,154,687
で、
源泉税額は1,154,687円となる(6,154,687-5,000,000)。

計算の煩雑さもさることながら、そもそもポンと500万貰おうと思ったら税金こんなに収めないといけないということに戦慄する。
そして、上記の計算は、あくまでも消費税抜きの話なので、
手取り5,000,000円で、消費税を抜いた額について源泉徴収しようとすると…

手取り+源泉税額をxとおくと
102,100+(x-1,000,000)×0.2042+5,000,000=1.05x
0.8457x=4,897,900
x=5,790,848
で、
源泉税額は1,080,391円となる。

頭がいい人だと、一番最初の方程式はすっとばして0.8457x=4,897,900からすぐ考え始められるのだろう。
時々自分は本当に二次試験に数学のあった大学を卒業しているのか不安になる。
00:23 - comments(0)
坂の多い街

いろいろの設定を長らく怠っていたけれど、今日は「スマホ表示」というのを変えてみたので、いらっしゃるかはともかく、スマホでご覧いただいている方は体裁が変わっていると思います。アクセスログを見るとまったくまわってないわけではないので、いったい誰が見ているのか。(大分在住の方、大学の先輩、佐川さん、それ以外いるのか?)
あと、どんな検索ワードでこのブログにたどり着いたかを調べることもできて、「しまもちー」とか「レディメイドのデモテープ」はともかく、「ルネ セール」とかでたどり着いてるやつがいるのは情弱!としか言いようがないですね。当のルネは今工事中らしいですが…

東京に来て四か月が経ちました。東西南北や道の名前がまだ全然頭に入っておらず、電話で道を聞いて「新橋方面に向かって」とか言われてもピンとこないし、街歩きが楽しいと思えるほど、まだそれぞれの街の特徴がつかめていないです。ただ、赤坂だけはなんかげんなりして、もう一回行きたいとは思えないです(会社から近いけど)。
茗荷谷は文字通りの閑静な住宅街で、高槻よりもずっと静かです。周囲にはセコムやALSOKを備えて、妙にちゃらい表札を構え、ベンツを駐めたたいそうな家がたくさん並んでいます。
車といえば高槻はプリウス率ハンパなかったけど、こちらに来てからベンツばっかり見ます、マジで。ちなみに自分のマンションの駐車場にはむっちゃちゃらいマセラッティが駐まってるけど、練馬ナンバー。
一方、築不詳と思しき荒れた家屋や、店の前の日よけが破れたままの小汚い店舗も点在している。自分のマンションの隣も廃屋で、ソテツと柿の木が日当たりをずいぶん悪くしています。

物価は高いというかおかしい。食パン(超熟)は、近所のMというスーパーでは一斤178円ですが、コンビニ(SEJ)では148円。コンビニのほうが安いってどういうことやねん。お米も5キロ2,000円します。けっこうな死活問題です。
あと、「◎◎坂」とか「●●谷」とか、なんらかのアップダウンを想定させる地名が多いことからもうかがえますが、高低差がえげつないのでチャリはこぎづらいし、雨の日には駅や自宅の周辺で、靴を全水没させなければ通れない箇所があったりしていやです。地震も、多くないといったらうそになります。12月初旬に、初めて会社でそれなりの揺れを感じたときは、私の地震経験としては阪神大震災の次くらいの怖さでした。

仕事については…月に7回支払いの締日があり(細かいのも入れたらもっと締切はある)、締日の後の集約作業や、支払日当日の振込不能対応があったりし、すべてルーティンなのだがいかんせん数が多すぎて時間を食っています。前の職場の最後の数か月、仕事がなさすぎて病んでいたのでやることが多いというのはいいのだけれど、おもしろいか、やりがいがあるかというとそんなことはないです。「これは私がやるべき仕事じゃない」というのは傲慢きわまりない言い方だと思いますが、そんな思いが頭をかすめることも少なくありません。

今年28歳になる私、いつまでもこんなことしていいのか、を言い続けていいのか、そろそろ本当に本当の潮時が来ている気がします。
一年半ほど前に、他人に期待しない、自分にも期待しない、これからはそれを肝に銘じて生きていこうと思ったけど、後者は撤回しないといけないかもしれません。いっそ自分で自分にかみつくようなことをしてでも、ぬるま湯のような日々から出ないといけないんです。

だらしない文章(「てにをは」がむちゃくちゃだったり、おそらく「僕の前には一冊の本がある」と書きたかったのだろうが、「僕は、一冊の本がある」という意味わからん一文を書いていたり(ちなみにこれは松山ケンイチ)、「意外」を「以外」と書き間違えたり、あと、関西人に多いけど「本当に」→「ほんとに」→「ほんまに」→「本間に」という誤記!)が氾濫しているのがいやでしょうがなくて、自分がかくときは個人的な日記でもそこだけはきっちりしようと思ったら、こんな堅苦しい文章に。かえって、いやになった。

23:02 - comments(0)
ガチの雑記
更新されてないとのお叱りを受けたので、とりあえず携帯のメモから


緊急地震速報久しぶりに聞いて、あの不安を煽る音に改めてぞっとし、怖すぎてちょっと涙が出た。雪と地震のコンボとかマジでやめてほしい。(2012年2月8日 21:21)

----

ずっと昔、「君は勝間和代も香山リカも好きになれない女子にとってのカリスマ的な人物を目指したらいい。そのためには、まずグラビアからや!」というすっとんきょうな話を持ちかけられた事を思い出した。
グラビアて。
でも、そんな目立つことじゃなくていいから生き方をガラッと変えたい。
そんなことを、ハンバーグくさいパジャマ(朝、寝間着のまま料理するので)でぼんやり考える。
月曜日だけ、やる気ある。そのあとは、失速を辿る。(2012年3月27日 2:26)

----

5歳年下のいとこが、今春就職したはずで、最初は訓練校的なところで数ヵ月過ごすと聞いていたので、ふと今日父にあのこどうしてるんと聞いたら、父いきなり失笑し、なんと単位足りなくて大学卒業出来んかったらしい。そして、祖母にとっては大変なショックやったらしく。知らんかった。(2012年6月3日 22:13)

----

あまり大きな声では言えないが、街頭で男女の修羅場らしき状況に遭遇すると、ちらちら盗み見(聞き)しがちである。

先日東京出張の際、一旦ホテルにチェックインしてから再度駅まで戻り、友人と合流したのだが、JR大井町駅の改札で、私が京浜東北線から下車してから、ホテルへ移動し再び改札を通るまで(20分は超えていたと思う)、微動だにせずにらみあっていたカップルがいた。男は長髪、ピース又吉ないし元東京事変の浮雲氏似(容貌、服装のゆるっと感など)で、へらへらしてるとまではいわないが、やや余裕のある様子、一方女性はショートカットでOL風のいでたち、けわしい顔であった。
こう説明すると、なんとなく、男側の不始末を女が責めてるように思えてしまうが、案外男の方が理詰めで言い負かしている最中で、女は悔しくて黙りこんでいるのかも、などと想像をいらんほうに拡げてしまう。
それに、私を含む周囲の人間がどうしても注目してしまうにもかかわらず、ここが公共の空間ということには一切頓着せずにいっぱいいっぱいになってるところに感心する。(2012年7月4日 19:07)

----

高校生男女三人の会話がツボすぎて震える。
長袖のカッターシャツの袖をうまく巻けずに、なあこれどうやって巻いたらええん?と女子(二階堂ふみ似)に聞く男子。袖口の折り返し部分の硬いところの幅に合わせて巻いたらそんなん簡単や、と言いたい女子、なぜか「襟の幅に合わせて…」と言い出す。書くもん貸して!イヤ!とか。あと、ラインって要らない!写真勝手にアップされてうざい!と議論している。いやあ、面白い。(2012年9月28日 7:41)
01:44 - comments(2)
日々の所感
毎朝駅へ向かう、公園沿いの道で、失礼ながら勝手に「バカ女」と呼んでいる人とすれ違う。ヴィトンのダミエ(白)のちっこいボストンと、コンビニの袋を下げ、いつもニコニコして電話しながら北向に歩いていく。彼氏と電話かなーと思う。ほんっまに毎日電話しているので、彼氏も大変やなと思う。遠くの故郷のおかんかもしれんけど、あの表情は、まあ、彼氏だろうなと思う。

----

今の部署は在籍人数が多い。会議室も広い。それゆえ、会議をするといつも途中で、席の近い者三人くらいでごそごそと話し出してしまい、話がなかなか進まなくてイライラする。その場で求められている意見や情報ではなく、自分の知っていること全部を言おうとする人が多いのは前の職場と変わらない。新入りの、それも若輩の自分が「脱線してないで早く進めましょうよ!」とも言えず、本当にイライラする。あと、ずーっとマスクしている女性が多い。この人の口元見たことないかもという人多数。表情がうかがえないとこんなにも不安になるものかと思う。なんせ人数が多いから、風邪をもらわない・うつさないという姿勢は至極真っ当だが、何かコミュニケーションを拒絶しているような気がしてしまう。無愛想きわまりない自分が言うのもなんですが。
23:50 - comments(0)
模索
rps20121029_001402_507.jpg
引越してからそろそろ一ヶ月です。
狭いといっている台所ですが、写真右の突っ張り棚を導入してから飛躍的に使い勝手が改善されました。

テーブルがほしくて、最近はネットにはりついて色々なサイトを調べていますが、家具も(もしかしたら服以上?)上を見ればキリがない感じで、どのへんで妥協するのがいいのか悩ましいところです。

雑誌に取材されているような素敵なお部屋の持ち主は、レジ袋やクイックルワイパーを部屋のどの辺に隠されているのでしょう。
00:20 - comments(0)
1/139PAGES >>